バレンタインにまつわる寄付の話題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 気づいたらいつの間にか今年のバレンタインデーも終わっていましたが、バレンタインにまつわる寄付のニュースを見つけたのでご紹介します。

 まずは、義理チョコをやめてその分を寄付にという取り組みを2件。

”義理チョコ代でチャリティ募金”のすすめ(Excite Bit コネタ) – エキサイトニュース(1/2)

 共栄火災海上保険では、「“義理チョコ、あげたつもり・もらったつもり”バレンタイン・チャリティ募金」として、義理チョコの配布やホワイトデーのお返しの代わりに、一口500円を募金で集め、NGO「マザーランド・アカデミー・インターナショナル」を通して、西アフリカ・マリ共和国の難民キャンプへの支援活動資金として寄付しているとのこと。1993年から続けていて、今年で22年目。これまで21年のの募金の総額は2981万円というからなかなかすごいですね。

義理チョコやめ寄付 住友別子病院、新居浜市に : 愛媛 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 こちらは愛媛県新居浜市の住友別子病院での取り組み。こちらも同様に義理チョコやホワイトデーのお返しをやめて、寄付することにしたとのこと。一口500円で募金額を申請すると給与から天引きされる。今年は約150人が参加して、寄付額が15万円だから、平均二口寄付しているということですね。寄付先は新居浜市。

 次は寄付つきチョコの話題。

チョコを1つ購入すると、アフリカの子どもに学校給食1食分をプレゼント OisixでTABLE FOR TWOチョコを期間限定発売:産経関西(産経新聞大阪本社情報サイト)

 OisixとTABLE FOR TWOのコラボ商品。個数限定で販売していて、完売次第終了とのこと。チョコレート1個につき20円が寄付金となり、TFTを通じて飢餓に苦しむ途上国の子どもたちの食料支援に使われるそうです。チョコレートは税込525円。

 こういう年中行事に合わせて寄付を集めるのも一つの方法ですね。

関連する記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*