統計

子どもの学力に影響するものは何か?

 全国学力テストと親の収入や学歴、読書活動、生活習慣などとの関連についての文科省の調査の結果が新聞各紙で取り上げられています。それぞれ見出しで各紙がどこを強調しているかがわかります。

高収入・高学歴の家庭、学力も高く…文科省調査 (読売新聞) – Yahoo!ニュース

年収高いほど子は好成績 文科省、全国学力テスト結果分析 :日本経済新聞

東京新聞:本、新聞読み正答増 学力テスト 国語、算数とも顕著:社会(TOKYO Web)

時事ドットコム:学歴・収入で子に学力差=勉強習慣、親の関与も影響-学力テストで分析・文科省

学力テスト好成績 親の経済力も相関関係 文科省調査 – MSN産経ニュース

 とりあえず、私が検索して目についたところをリンクしました。

 「親の年収・学歴が高いと子どもの学力も高い」ということが改めて裏付けられた結果となりましたが、なぜ「親の年収・学歴が高いと子どもの学力も高い」のかは、これらの記事からは必ずしも明らかになっていません。親の年収が高いと子どもを塾に通わせるなど、教育にお金をかけることができ、学歴が高い方が教育熱心だからというのが一番わかりやすい説明でしょうが、私はどちらかというとむしろ文化資本の違いの方が子どもの学力に対する影響として大きいのではないかと考えています。

 また、私が注目したのは以下のことです。上でリンクした産経新聞の記事より。

 親の経済力が低くても正答率が上位25%に入った子供の生活習慣として、(1)朝食を毎日食べ、毎日同じくらいの時間に寝ている(2)親と勉強や成績のことについて話をする(3)学校の宿題をし、規則を守る-などの特徴がみられた。

 全国学力テストの成績が都道府県別でトップなのは秋田県です。その一方で、秋田県の子どもたちの通塾率は全国で一番低い。また、秋田県の子どもは朝食摂取率が高く、早寝早起き率も高いというデータがあります。

全国学力テスト [ 2013年第一位 秋田県 ]|新・都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]
小学生通塾率 [ 2013年第一位 神奈川県 ]|新・都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]
中学生通塾率 [ 2013年第一位 奈良県 ]|新・都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]

小学生朝食摂取率 [ 2013年第一位 島根県 ]|新・都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]
中学生朝食摂取率 [ 2013年第一位 秋田県 ]|新・都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]
小学生早寝早起き率 [ 2013年第一位 静岡県 ]|新・都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]
中学生早寝早起き率 [ 2013年第一位 長野県 ]|新・都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]

 秋田県人が他県と比べて高学歴・高年収かというとそんなことはないわけです。だから、子どもを塾に通わせるよりも、子どもに早寝早起きをさせて、朝食をちゃんと摂らせ、学校でしっかり勉強させることの方がよっぽど低コストで学力向上につながるのではないかと思います。このへんをさらなる調査で明らかにしていってほしいところです。

被災三県における自殺者数の推移について(2013年9月までのデータ)

追記(2013年11月11日):
 グラフの元となるデータを地星社のサイトからダウンロードできるようにしました。被災三県の全市町村のデータをエクセルファイルにまとめていますので、ぜひそちらも参照してください。

被災三県での自殺者数の推移について(2013年9月まで) | 活動報告 | 地星社

——————————————
 被災地において自殺は増えているのか?

 内閣府の自殺対策のサイトで統計情報(自殺の統計 – 内閣府)が公開されており、月別のデータも入手できます。2013年の状況はどうなっているのか、調べてみました。

 13年については9月までのデータが出ているので、9月までの累計を9で除し、それを12倍して年換算値を出しています。被災三県の全市町村についてデータを調べましたが、以下のグラフで取り上げた市町はフダの主観で選んでいます。特に基準はありませんので、その点はご留意ください。また、男女合わせたデータを使用しましたが、男女別で調べるとまた違った傾向を見つけることができるかもしれません。

 結論についてすごくざっくり言うと、全般的には11年、12年は減って、13年でまた増えているという傾向があるようです。他の災害においても、災害の後しばらくは自殺が減り、その後増えていったという傾向があったようなので(話に聞いているだけで自分ではまだ詳しく調べてませんが)、今後、地域の実態に合わせたよりいっそうの自殺対策が必要になると思います。あと、ここでは取り上げませんでしたが、沿岸被災地以外で、自殺の多い地域があることに気づきました。被災地に目が向きがちですが、それ以外の地域にも多くの地域課題があることには留意しなければいけません。

岩手県

 あまり明確な傾向はありませんが、自殺は減ってきているように見えます。今後増加に転じないか注意深く見ていく必要があります。宮古市は11年、12年と減りましたが、13年になってまた増加に転じています。

岩手県主要被災地自殺者数
(クリックして拡大)

宮城県

 11年、12年と減少していたのが、13年になって増加に転じています。非常時から平時となり、震災前の水準に戻ったとだけなのか、それとも今後も増加していくのか、注意してみていく必要があります。気仙沼市については、震災前よりも明らかに増加しており、いっそうの対策が求められます。仙台市若林区は、12年から13年の自殺者数が、今回取り上げた8地域の中では唯一減少しています。

宮城県主要被災地自殺者数
(クリックして拡大)

福島県

 原発事故の影響もあり、福島県ではどこが被災地でどこが被災地でないかとも言い難いので、いくつかの市を選んでグラフにしました。減少もしくは横ばいといった感じでしょうか。

福島県主要都市自殺者数
(クリックして拡大)

 福島、郡山、いわきという三大都市が入っていると小さい都市の自殺者数の推移がわかりにくくなるので、三大都市を除いたグラフもつくってみました。そうすると、沿岸部の相馬市では、12年にやや減少して13年に増加しており、宮城県沿岸部の被災自治体と同じ傾向があることがわかります。同じく沿岸部の南相馬市については横ばいのようです。

福島県内4都市自殺者数
(クリックして拡大)

 原発事故のあった双葉郡での自殺者数について、積み上げ棒グラフにしました。震災後の自殺者数は減っていますが、居住地ベースのデータなので、住んでいる人が避難して大幅に減ったから統計上の自殺者数も減っているのではないかと思います。各地に避難している人はどうなっているかというのは別に調べる必要があるようです。ちなみに内閣府の自殺統計では、東日本大震災に関連した自殺者数のデータも公開しています(自殺の統計 – 内閣府の「最新の震災関連自殺者数」を参照のこと)。

福島県双葉郡自殺者数
(クリックして拡大)

 被災三県全市町村のデータについては、地星社のサイトかどこかからのちほどダウンロードできるようにしたいと思います。

宮城県内の外国人の人口について

 先日、総務省が「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(平成25年3月31日現在)」を発表しました。エクセルでデータが公開されています。

総務省|住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(平成25年3月31日現在)

 データを見てみると、日本人と外国人とのそれぞれのデータがあるので、宮城県内における外国人の人口についてささっとグラフをつくってみました。

 まず、宮城県内各市町村ごとの外国人在住者の人数をグラフにしてみました。仙台市は別格で、9,000人弱の外国人がおり、同じグラフに入れてしまうと他がわからなくなるので、このグラフからは外しました。

宮城県内各市町村の外国人在住者の実数
(クリックで拡大)

 ぱっと見てわかるとおり、だいたい女性の方が男性より多くなっています。嫁不足の農村漁村地域に嫁いできたというケースが多いのではないかと思われます。石巻市、大崎市では外国人女性が400人を超え、それなりの人数がいることがわかります。

 次は、宮城県内各市町村における外国人在住者の人口に占める割合をグラフにしてみました。

宮城県内各市町村における外国人在住者の人口に占める割合
(クリックで拡大)

 実数ではそれほど多くなくても、自治体の人口から割合を出してみると、他と比較して多くなっているところがあります。これは実数だけを見ているとわからないことです。沿岸部ですと、女川町、南三陸町が多いです。この中には被災されている方も少なからずいるでしょうから気になりますね。

 最後に、各市町村で女性の人口と外国人女性の人口とを並べて棒グラフにしてみました。これも、仙台市は除いています。

宮城県内各市町村の女性の人口と外国人女性の人口
(クリックで拡大)

 2番目のグラフで見たとおり、外国人女性の割合は0.2%から1.7%くらいで、多くの自治体では0.6%程度です。その数字を母数となる女性全体の数字と比較すると、ほぼないも同然に見えてしまいます。実数で見ればそれなりの人数がいるし、他の自治体との比較で見れば割合が多いという場合でも、3番目のグラフの視点だけしか持っていなければその存在はほとんど見えないでしょうね。

 図らずしも、元が同じ数字でもどの視点に立つかで見え方がまったく異なるという好例になりました。行政はどの視点で見ているでしょうか。また、支援団体はどの視点で見ているでしょうか。

 被災した在住外国人の支援ということでは、NPO法人笑顔のお手伝いが精力的に活動を続けています。もっとも弱い立場に置かれている人たちを支える大事な活動です。

「それ、根拠あるの?」と言わせない データ・統計分析ができる本(柏木吉基)

こちらの本は一気に読んだ。おもしろかったからというよりは、単に読みやすかったから。
若手商社マンのA君が、上司にアドバイスをもらいながら、事業計画書をつくるために統計分析をしていくという筋立て。
「利益を出すために必要なことは」「リスクをどう見積もるのか」「何が成功要因なのか」「目標達成に必要な予算はいくらか」という問いに対して、それぞれ有効な統計分析の手法や考え方を解説している。

統計を学ぼうというほとんどの人は、統計を学びたいから学ぶのではなく、何かを明らかにするために統計という手法を必要としているのだと思う。
そう考えると、無味乾燥な数式が並ぶテキストより、こういう本の方が統計を理解するにはいいのではないだろうか。