こんなことを考えた

調べるということ

 NPOが活動するにおいて、「調べる」ということはかなり重要なスキルであり、テーマだと思うのですが、そういうことを教えてくれるような講座や本は他のテーマに比べると絶対的に少ないです。

 せんだい・みやぎNPOセンターで、かつて「NPOが社会を変えられない5つの理由」という連続講座を行いました。その中の一コマで「調べられない」というのがあり、北大の宮内泰介先生に講師をしていただいたことがありました。それから、同センターで、NPOが行う調査活動に対する助成というテーマで助成プログラムを実施したことがありましたが、そのプログラムの説明会では東北大の西出先生に社会調査についてのミニレクチャーをしていただきました。

 自分の記憶にある中で、NPO向けに調査あるいは調べるをテーマにして講座をやったのはこれだけですね。1回の講座だけで考え方やスキルが身に付くものではないということも、このテーマを選びにくくしている要因かも知れません。

 調査というと、まず思い浮かべるのはアンケート調査のようなものでしょうか。しかし、NPOの活動の現場でまず必要なのは、公開されている各種統計やデータから必要な情報を集めたり、分析したりすることではないかと思います。

 活動する地域の人口はどれくらいで、年齢別の人口分布はどうなっているか、さらにその人口はどのように推移していくか。また、人を対象とする活動であれば、それらの人たちは地域にどのくらいいるのか。そういう基本的な数字からまずは明らかにしていき、わかりやすく見せる(グラフ化するなど)必要があるでしょう。

 このブログにおいても、NPOにとって必要となる調査の技法や考え方などについて、ときどき書いていきたいと思います。

CIAをつくりたい

地星社に情報機関をつくりたい。Chiseisha Intelligence Agency、地星社情報局すなわちCIAですな 笑

お役所で出している統計とか、企業が公開している調査データとか、そういう二次データを利用するだけでもけっこういろいろなことがわかります。で、NPOもそういうデータを利用して、自分たちが取り組む問題の背景なんかをしっかり調べればいいのだけれども、それをやらなかったり、できなかったりということが少なからずあるのではないかと思います。

ボランティアのエージェントが、個々のNPOに代わってさまざまな統計などから情報を集めて分析して、それを提供するなんていうことができないものかと妄想中。

自信について

自分に自信がない人は、自信をつけるための努力をするよりも、自分に自信がないことを”うっかり”忘れてしまえばいいと思う。あるいは見て見ぬ振りとか。僕もそうしてるし、けっきょくそうせざるを得ない。

自分が困っていることは、たいてい、他の誰かも困っている

自分が困っているようなことは、大抵、他の誰かも困っていることなのだ。

これは何を意味するかというと、

①自分がその困りごとをうまく解決できれば、他の誰かの役に立てる。
②すでにうまく解決している人がいるはずなので、そういう人を見つけ出せれば教えを請うこともできるかもしれない。

…ということを考えたりしながら、いろいろ書類やら規定やらをつくってました。基本的には組織内部の文書だけど、願わくは他の誰かの役に立たんことを。

問うことと応えること

問うことと応えること。われわれの仕事というのは、それに尽きると思うのです。

NPO法人が銀行口座をつくるには

地星社の預金口座を作ろうと思い、必要な書類などは何か、確認のために銀行に電話した。

フダ「NPO法人で普通預金の口座を作りたいのですが、口座を作る際の必要な書類は何になりますか?」

女性「少々お待ちください」

(保留)

女性「お待たせいたしました。団体の規約がございましたら規約…」

フダ「定款のことですか?」

女性「定款…、ええ、そういうものです。それから口座を作りにいらっしゃる方は代表者の方ですか?」

フダ「はい」

女性「それでは代表者の方の身分証明書。それから印鑑ですね」

フダ「登記事項証明書とかはいらないのですか?」

女性「任意団体ですから必要ございません」

フダ「いや、だからあの、NPO法人なんですが」

女性「規約を確認させていただいて、口座をつくる目的などを伺わせていただきますので…」

…みたいな感じで、話が噛み合わず、向こうはけっきょく登記事項証明書はいらないという説明だった。

んなわけねーだろと思って、銀行に行くときには登記事項証明書を持っていった。

実際に必要だった書類やモノは以下の通り。

・登記簿謄本(登記事項証明書)
・身分証明書
・銀行への届出印

定款はやっぱり必要なかった。

先人のみなさまも、こういう状況と毎度たたかってきたんですねとしみじみ思った。